Blog

ANATOMYの授業風景 2019.11

Themes:Blog, 授業風景

さて、今回の授業風景は
人体デッサンの授業「アナトミー」です。

マサモードには「モードデッサン」という
人物デッサンの授業の他に、
解剖学的な側面から人体デッサンを学ぶ、
「アナトミー」という授業があります。

この授業では、人物を描く上で大切な
骨(骨格)や筋肉の仕組みを理解することで、
人体の立体を理論立てて学びます。

今回の授業では、「目・鼻・口」について学びました。
毎日、鏡で自分の顔を見ていても
いざ実際に描いてみると、
とても難しく感じる部分の1つではないでしょうか。

それぞれのパーツの資料が用意されました。
まずは講師が説明を行います。

実際に描きながら説明をするので
しっかりとポイントを押さえることができます。

講義の後は生徒の皆さんそれぞれ
実際に自分で描いて理解を深めていきます。


人物を描く上で、バランスや表情など表現において
顔のパーツはとても重要になってきます。

日頃なかなか思うように描けない…と感じていても
人体の構造を理解することで、確信を持って
描くことができるようになります。

次回のテーマも楽しみですね。
生徒の皆さんは次回もぜひ受講してくださいね!

 

by m.m.art | 2019.11.10 |